保険・ライフ

FWD生命、商品付帯サービス「FWD Care(FWD ケア)」の提供を継続

2022.12.08 10:55 更新

 FWD生命は、昨年12月1日から提供している商品付帯サービス「FWD Care(FWD ケア)」を、12月31日以降も継続する。

 FWD生命山岸代表取締役社長兼CEOは、「『FWD Care』はがんなどの生活習慣病に罹患された生活者が、看護師や各分野の専門家のサポートを受けられるほか、家事代行サービス等、回復のためのサポートコンテンツを優待価格で提供する。当社は『FWD Care』の継続によって、生活者本位の業務運営方針の一つである“生活者の人生の変化を支えていく”ことを約束する」と述べている。

 FWD Careの主な特長は、看護師が生活者(被保険者)の「コンシェルジュ」となり、病気に起因する相談を受け付ける。専門家ラインアップの中から希望の専門家(臨床心理士・公認心理師、ファイナンシャルプランナーなど)を選択し、無料で電話やオンラインで各専門分野の相談をすることができる。(1回30分~1時間。専門家によって異なる)(給付金等の請求1回につき3回を上限に利用可能)。回復のためのサポートコンテンツ(ウィッグ購入や家事代行サービスなど)を優待価格で利用できる。

FWD生命=https://www.fwdlife.co.jp/


このページの先頭へ