食事・レストラン

モスバーガー、「一頭買い 黒毛和牛バーガー ~特製テリヤキソース~」を100万食限定発売、隠し味として熟成肉「格之進」の牛醤を使用

2022.12.23 19:01 更新

 モスバーガーを展開するモスフードサービスは、12月28日から全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)で、「一頭買い 黒毛和牛バーガー ~特製テリヤキソース~」(以下、一頭買い 黒毛和牛バーガー)を100万食限定で発売する。12月21日に行われた新商品発表会では、「一頭買い 黒毛和牛バーガー」で使われる黒毛和牛の全19部位が披露された他、新商品の開発に協力した、熟成肉「格之進」ブランドの飲食店を展開する門崎の千葉祐士代表取締役がゲストとして登壇し、黒毛和牛を丸ごと使った「一頭買い 黒毛和牛バーガー」の魅力を語ってくれた。

 「当社では今年度、『FANCY Experience 消費者それぞれにあった、モスらしい、ワクワクする感動体験を。』というテーマを掲げ、マーケティング活動を展開してきた。今回、その集大成として、消費者を驚かせる、今までにありえない商品『一頭買い 黒毛和牛バーガー』を販売開始する」と、モスフードサービス 上席執行役員の安藤芳徳マーケティング本部長が挨拶。「この商品を通じて、年末年始に贅沢感、お得感のあるメニューを提供するとともに、黒毛和牛を一頭丸ごと使用した新しい味覚体験を味わってもらう。また、輸入食肉価格高騰を背景に、国産食肉への注目機会も創出していく」と、“ハレの日需要”が高まる年末年始に向けたプレミアムな商品として「一頭買い 黒毛和牛バーガー」を提供すると説明する。

 「今回の『一頭買い 黒毛和牛バーガー』では、一頭買いした黒毛和牛を、サーロインやヒレなどの高級部位や希少部位も含めて丸ごとパティにしている。和牛の全19部位を使用することで、赤身と脂身のバランスがとれ、各部位の長所を“良いとこどり”したハンバーガーに仕上げた。赤身による歯ごたえと、脂身によるジューシーさの両方を堪能することができる」と、黒毛和牛を一頭丸ごと使ったハンバーガーなのだと胸を張る。「400頭を一括で仕入れることで、各部位ごとに仕入れるよりも調達コストの削減を実現した。また、一般的なハンバーガーには使用しない高級な部位や、少量しか取れない希少部位も食材として使うことで、より贅沢な味わいが楽しめる」と、一頭買いするメリットを訴えた。

 「さらに今回、プレミアムなパティに合わせて、専用の『特製テリヤキソース』を開発した。醤油と白味噌をベースにした『テリヤキソース』に、トマトのペーストとピューレを入れることで甘みと酸味の味わいを深くし、甘酒を加えることでコクと奥行きを引き出した。原料のトマトの一部にはモスファームや協力農家で作られた規格外品を使用し、味にこだわりながらも食品ロスの削減にも貢献している」とのこと。「また、隠し味として、門崎成熟肉の専門店『格之進』が販売している“牛醤”を使用した。牛醤は、黒毛和牛から作られた発酵調味料で、これを加えることでソースとパティの相性を高めている」と、テリヤキソースにも徹底的にこだわったと話していた。

 ここで、「一頭買い 黒毛和牛バーガー」に使われた黒毛和牛の全19部位が披露された。19部位は、サーロイン、ヒレ、リブロース、肩ロース、肩バラ、ハネシタ、ミスジ、腕肉、トウガラシ、中バラ、外バラ、カイノミ、フランク、ランプ、イチボ、内モモ、外モモ、シンタマ、スネとなっている。なお、部位数および名称は、地域や業界ごとに異なるという。

 続いて、熟成肉「格之進」ブランドの飲食店を展開する、門崎の千葉祐士代表取締役がゲストとして登壇し、開発に協力した「一頭買い 黒毛和牛バーガー」の魅力を語ってくれた。「安藤マーケティング本部長から、最初にこの商品を提案された時には、『実現するのは難しい』と感じた。高級部位や希少部位も含め、黒毛和牛を一頭丸ごと使ってハンバーガーを作り、ファストフードで展開するのは非常に難易度が高い。しかし、円安が進んでいる今この時期だからこそ国産の生産者を応援する取り組みが必要だという熱意に押され、開発に協力した。そして今回、『一頭買い 黒毛和牛バーガー』の発表の場に立ち会えることに興奮している」と、様々な壁を乗り越えて商品化まで辿り着いたのだと目を細めていた。

 試食した感想を聞いてみると、「まず、バンズからパティがはみ出ていることに驚いた。年末年始にふさわしい、見た目も贅沢なハンバーガーに仕上がっている。特製テリヤキソースの味つけも強すぎず、牛肉の味わいが前に出るように工夫されていて、黒毛和牛の美味しさを存分に堪能できる」と大絶賛。「特製テリヤキソースの隠し味として使われている牛醤は、黒毛和牛の熟成肉を原料にして当社が開発した調味料となっている。牛肉の旨みをさらに後押しする効果があり、実際に安藤マーケティング本部長に試食を繰り返してもらい隠し味として採用された。国産の生産者を応援するモスバーガーのチャレンジに、当社も協力できることを嬉しく思っている」と、100万食限定の「一頭買い 黒毛和牛バーガー」をぜひ多くの人に味わってほしいとアピールした。

[小売価格]690円(税込)
[発売日]12月28日(水)
※100万食限定・なくなり次第終了

モスバーガー=https://www.mos.jp/


このページの先頭へ