健康食品・医薬品

江崎グリコ、MFGM配合「アイクレオ グローアップミルク」を発売

2022.11.29 18:32 更新

 江崎グリコは、発育サポート成分「MFGM」配合の新商品「アイクレオ グローアップミルク」を、11月21日から発売した。「MFGM」は免疫発達期の子どもの元気でつよいカラダつくりをサポートする成分として同社が注目してきた成分とのこと。

 江崎グリコでは、創立100周年を迎えた今年、存在意義(パーパス)を「すこやかな毎日、ゆたかな人生」と制定した。パーパス実現に向け、同社が力を注ぐ領域の一つが“発育・栄養の最適化”であり、その中核を担うのが乳幼児期向け商品ブランド「アイクレオ」だとか。アイクレオは、母乳に近いミルクをめざす小児科医の想いを原点に、品質や原料にこだわり、乳幼児期の子どもの発育と家族の成長をサポートしてきた。そのアイクレオから、今回、新たに発売される商品が「アイクレオ グローアップミルク」なのだという。

 「アイクレオ グローアップミルク」は、1歳頃(離乳食の3回食が始まる9ヵ月頃からでも利用可)から3歳頃までを対象としたミルクで、食事やおやつと一緒に摂ることで発育をサポートする商品となっている。同商品の最大特長は、発育サポート成分「MFGM(Milk Fat Globule Membrane;乳脂肪球皮膜)」の配合だとか。MFGMは、母乳にも含まれる物質で、子どものカラダを守る成分が含まれた乳由来成分となっている。「免疫発達期」の体調管理をするためには、元気でつよいカラダつくりをサポートすることが必要であるとの考えから、同社ではMFGMに注目しその研究を進めてきた。

 また、同商品は、牛乳や食事だけでは不足しがちな鉄、そしてカルシウムとその吸収を助けるビタミンD、さらにはヌクレオチド、ガラクトオリゴ糖も配合している。乳糖を主体とした糖質組成によって、あっさりとした飽きの来ない飲みやすい味に仕上げている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月21日(月)

江崎グリコ=https://www.glico.com/jp/


このページの先頭へ