菓子・ドリンク

ホテル椿山荘東京、庭園の眺望を活かしたロビーラウンジ「ル・ジャルダン」で「桜アフタヌーンティー」を提供

2022.12.27 19:22 更新

 ホテル椿山荘東京は、来年3月1日から、庭園の眺望を活かしたロビーラウンジ「ル・ジャルダン」で、「桜アフタヌーンティー」を提供する。

 同ホテルの庭園は、2月になると早咲きの河津桜や寒緋桜などが開花する。4月にかけて約20種100本の桜が順に見頃を迎え、庭園を眺望できる「ル・ジャルダン」では、春の絶景を楽しむことができる。

 今回提供する桜アフタヌーンティーの上段のスイーツは、満開の桜をイメージした「桜モンブラン」や、桜色のレアチーズムースに苺風味のクリームを桜の形に絞った春らしい華やかな「桜レアチーズ」、桜の花びらが舞っているような見た目も可愛らしい「桜のタルト」、桜羊羹を挟んだ昔懐かしい「シベリア」の、4種を楽しめる。

 中段のスコーンは、定番プレーンのほか、和菓子をイメージした「茹であずきスコーン」、今年はさくっと食感にリニューアルした人気の「桜スコーン」3種を用意した。人気のクロテッドクリームや、抹茶のクロテッドクリームを好みで付けて食べてほしいという。

 下段のセイボリーは、春を感じる桜の塩漬けがアクセントの「桜色のパンケーキ 桜エビと春キャベツのサラダ」をはじめ、「玉葱のフランとフォアグラソテー 甘夏みかんのコンポート添え」や、「コンキリエに詰めた春野菜とキヌアのアーリオ・オーリオ」、桜色のパンとアスパラガス、クリームチーズの断面図が可愛らしい「鶏肉とアスパラガス クリームチーズのサンドウィッチ」の4種を用意した。

 ウエルカムドリンク付きプランでは、桜の季節の庭園をイメージした桜リキュールが入った桜シャンパンを用意する。グラスの上のチョコレートプレートを取ると、東京雲海をイメージしたミストが広がり、可愛らしい見た目を楽しめる。

 昼は庭園の桜、夜には東京雲海と共演の夜桜雲海を、食事前後にぜひ楽しんでほしいという。

[桜アフタヌーンティー概要]
期間:2023年3月1日(水)~2023年4月2日(日)
※予約開始:2023年1月4日(水)10:00~
※完全予約制(前日18時まで)で受付
時間:12:00~L.O.18:00
店舗:ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」
料金:<WEB 予約>
 桜アフタヌーンティー:5950円
 ウエルカムドリンク付き:6950円
 桜アフタヌーンティー:6450円
 ウエルカムドリンク付き:7450円
※税込、サービス料別途
予約・問い合わせ:03-3943-5489(10:00~19:00)

ホテル椿山荘東京=https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/


このページの先頭へ