データ・リポート

セコム、日本人の不安に関する意識調査、治安悪化の可能性があると思う人が7割に上る一方で防犯対策をしている人はわずか4割以下にとどまる

2022.12.14 17:23 更新

 年末のこの時期に合わせ1年間の振り返りとして、セコムは全国の20歳~69歳の男女500人を対象に「日本人の不安に関する意識調査」を実施した。

 その結果、最近何かに不安を感じている人が約6割いる一方で、防犯対策を実施している人は4割以下(38.2%)にとどまることが分かった。具体的な防犯対策としては「夜は明るい道を通る」「人通りの少ない場所は避ける」など身近な対策から取り入れている人が多い結果となった。また、半数以上が「犯罪被害の不安は人に話しにくい」と回答し、何かあっても周囲に相談しづらい状況が明らかになった。

 7割以上が治安の悪化を懸念も、防犯対策をしている人は38.2%にとどまった。最近何かに不安を感じている人は57.0%だった。最近1年で不安を感じた事件・事故は「無差別の通り魔事件」(25.4%)や「SNSをきっかけとした犯罪」(24.2%)が上位に挙がった。

 防犯対策をしている人の割合は38.2%で、具体的な対策は「夜は街灯などで明るい道を通るようにしている」(48.7%)が1位となった。ネットセキュリティ対策でPC・スマホにパスワードを設定している人は3人に1人だった。

 暴力や性被害などの不安を感じた際、「何もできなかった」という人が約4割に達した。これまで暴力や性被害などの不安を感じたことがある人は38.0%、具体的な内容は同率1位「痴漢・迷惑行為」「路上での強盗・暴行・傷害」(15.6%)、3位「ストーカー」(9.8%)だった。不安を感じた時の対応策として「逃げた」(28.9%)、「誰かに相談した」(21.6%)が上位に挙がる一方、「何もできなかった」という人も35.8%いる結果になった。

 犯罪被害の不安「話しにくい」は5割で、「夜道は急がないと不安」な女性は男性の2倍以上となった。防犯への考えでは、半数以上の人が「犯罪被害の不安は人に話しにくい」と回答した。「夜道は急いで歩かないと不安」と回答した男性は30.0%である一方、女性は68.8%と2倍以上に上った。

[調査概要]
実施時期:11月2日(水)~11月4日(金)
調査手法:インターネット調査
調査対象:全国の20歳~69歳の男女500人(性年代均等回収)
調査機関:セコム株式会社調べ【実務委託先:楽天インサイト】

セコム=https://www.secom.co.jp/


このページの先頭へ