美容・化粧品

フォーシーズHD、目元・口元用クリーム「ファインビジュアル ホワイトリンクルクリーム」をECサイトと通販サイトで発売

2022.12.20 22:21 更新

 フォーシーズHDの化粧品ブランド「ファインビジュアル」は、エイジングサインにアプローチする話題の有効成分2種を配合した、薬用の目元・口元用クリームの新商品を、来年1月5日から、同社ECサイトと通販サイト「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」で発売する。商品名は「ホワイトリンクルクリーム」(内容量18g)となる。

 商品は、昨年に発売し反響が大きかった「ナイアシンアミド」を配合した部分用エイジングケア(年齢に応じた手入れのこと)クリームに、新たに有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」と18種の美容成分を配合した医薬部外品のクリームとなっている。

 新商品「ホワイトリンクルクリーム」は、乾燥によるシワやシミ(メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ)といった“エイジングサイン”が出やすい目元や口元のケアに特化した、部分用のクリームとのこと。

 最大の特徴は、シワとシミに働きかける「ナイアシンアミド」と、肌荒れを防ぐ「グリチルリチン酸ジカリウム」の2種類の有効成分を配合している点だとか。

 「ナイアシンアミド」は、ビタミンB3の一種。肌の奥(真皮)に働きかけ、コラーゲンの産生を促し、年齢を重ねるごとに気になる目元・口元のシワをふっくらとハリのある状態に導く。さらに、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する働きも期待できるので、透明感のある肌づくりをサポートする。

 また、同じく有効成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」は、甘草由来の成分で、抗炎症効果があるとされている。マスクの擦れや花粉といった外的刺激による肌トラブルをケアし、キメの整った肌へと導く。

 2種の有効成分のほか、乾燥によるハリ不足やくすみ、肌のキメの乱れにアプローチする美容成分も贅沢に加えている。

 3種の「セラミド」や「加水分解ヒアルロン酸」、キノコ由来の「レイシエキス」などの保湿成分が角質層を潤いで満たし、みずみずしい状態へと導く。また、「ビタミンC誘導体」や「プルーン酵素分解物」が乾燥によるくすみをケア。「水溶性コラーゲン」や「ルイボスエキス」、「ウメ果実エキス」が肌にハリとツヤを与える。さらに、肌の引き締めが期待できる美容成分も配合している。バラ科の植物から抽出した「ノイバラ果実エキス」が、マスクで蒸れて目立つ毛穴のキメを整える。

[小売価格]4480円(税込)
[発売日]2023年1月5日(木)

フォーシーズHD=https://www.4cs-holdings.co.jp/


このページの先頭へ