エディターズダイアリー

3年ぶりに忘年会・新年会が復活の兆し!

2022.12.22 21:47 更新

▽東京商工リサーチが行った「忘年会・新年会」の実施に関するアンケート調査(出典:東京商工リサーチ「2022年「忘・新年会に関するアンケート」調査」)によると、忘年会を「開催しない」企業は昨年に比べて9.0ポイント減少。また、今年の忘年会は約5倍を超える予約件数となるところもあり(出典:ワタミ「2022年の忘年会の参加意向は昨年と比べて21%アップ 忘年会予約状況は昨対比約5倍の復調の兆し」)、3年ぶりに行動制限を伴わずに迎える2022年度の忘年会・新年会シーズンを前に、盛り上がりに期待する声が大きくなっている。

そんな久しぶりの忘年会で過ごす同僚・友人との楽しいひとときは、ついつい飲み過ぎ・食べ過ぎてしまい、翌日の二日酔いや胃もたれに悩まされる人も多いのでは。飲み会翌日の辛い症状からいち早く回復するには、カラダのコンディションを整える“リセットご飯”がおすすめとのこと。管理栄養士の川端理香氏によると、“リセットご飯”に大切なのは「十分な水分と、ビタミンB1・アミノ酸などの栄養素を摂ること」。二日酔いの主な原因とされるアセトアルデヒドを分解するには、肝臓の機能を高める栄養素であるビタミンB1やアミノ酸を翌日の食事で摂ることが効果的だという。


このページの先頭へ