理美容・家電

サンコー、「残り物がごちそうになる『全自動食べるスープメーカー』」を発売

2022.12.20 21:57 更新

 サンコーは、「残り物がごちそうになる『全自動食べるスープメーカー』」を12月9日に発売した。サンコー公式オンラインストア、直営店、取扱店、ECサイトなどで販売している。

 同製品はヒーターとミキサーを搭載しボタン一つでポタージュやスープ、豆乳などができる全自動スープメーカーとなっている。

 幅200×高さ270×奥行135mmとスリムな形状ながら最大1.2L約4人分の大容量サイズとのこと。使い方は本体に食材と水を入れボタンを押すだけ。のどごしがなめらかなポタージュや、具材をごろごろと残した状態のまま調理する煮込みモード。ジャムが作れるジャムモード、乾燥豆から豆乳が作れる豆乳モードなど5種類のモードを搭載している。ニンジンなどの硬い食材でも滑らかになるまで砕くことができるパワフルなモーターを搭載した。付属の掃除ブラシと洗浄ができる洗浄モードで手入れも簡単だという。

 手軽に美味しいスープやポタージュを飲みたい。乾燥豆から豆乳を手軽に作りたい。残った野菜を美味しく食べたい。そんな人におすすめの「全自動食べるスープメーカー」となっている。

[小売価格]1万2800円(税込)
[発売日]12月9日(金)

サンコー=https://www.thanko.co.jp/


このページの先頭へ