理美容・家電

シャープ、プラズマクラスター冷蔵庫6機種を発売

2022.12.16 14:45 更新

 シャープは、ガラスドアやメタルドアを採用した業界トップクラス(国内家庭用冷凍冷蔵庫(定格内容積401L-450L、451L-500Lクラス)において。12月7日時点。同社調べ)の奥行薄型設計の大型冷蔵庫シリーズに、本体の高さを抑えたロースタイルモデルを新たに加えたプラズマクラスター冷蔵庫6機種を発売する。

 地球環境への意識が高まる中、一般家庭でも食品ロスの削減や省エネに向けたさらなる取り組みが求められている。同シリーズは、AIoT機能を活用し、一度で使い切れなかった食材などをあらかじめ登録すると、賞味期限切れや使い忘れる前にその食材を使ったメニューを提案する「使いきりレコメンド」を新たに搭載したほか、省エネにつながる使い方などを提案してくれる「AIoT使い方ナビ」に対応している。

 また、冷却スピードをアップすることで、栄養素をキープした(2023年度機種<SJ-GK50K>において「快速冷凍」と「通常冷凍」のビタミンC溶出量を比較)まま冷凍できる「快速冷凍」機能を新たに搭載した。冷凍食材を活用したメニューの提案や調理など、同社のキッチン家電「ヘルシオ」や「ホットクック」ともスムーズに連携でき、より豊かな食生活をサポートする。

 さらに、使い勝手を向上させるため、倒れやすいチューブ型調味料などの収納に便利な「フレキシブルポケット」を新たに採用。ボトルポケットの収納面積もアップ(GK/MFシリーズのみ)させた。GKシリーズは、軽い力でやさしく閉まる「そっとクローズ」機構を冷蔵室ドアに採用するなど、ドアの使い心地にもこだわった。

[小売価格]オープン価格
[発売日]2023年1月19日(木)から順次

シャープ=https://jp.sharp/


このページの先頭へ