mylife_j.gif
「マイライフ手帳~for healthy my life~」に新規メンバー登録すると、もれなく「チーズレシピ集」がもらえる!

HOME >> 生活・健康グッズ関連ニュース >> タニタ、高血糖チェックの自己管理ツールである携帯型デジタル尿糖計「UG-201」を発売

2008年06月11日

タニタ、高血糖チェックの自己管理ツールである携帯型デジタル尿糖計「UG-201」を発売

 体組成計や体脂肪計、ヘルスメーターなど家庭用計量計測機器メーカーのタニタは、高血糖チェックの新しい自己管理ツールとして携帯型のデジタル尿糖計「UG-201」を開発、6月20日から発売する。

 今年4月からメタボリックシンドロームの予防に主眼をおいた特定健診・保健指導がスタートしている。タニタではUG-201を間接的な血糖値のチェックおよびモニタリングツールとしての活用を期待しているとのこと。また、これまで血糖計の利用を躊躇されていた糖尿病患者の人々についても、携帯性や簡便性などを武器に血糖計との併用ツールとして広く浸透を図っていく考え。

 開発した「UG-201」は、これまで使用場所が限定的だった据え置き型の課題を解決した第2世代の尿糖計。センサーを抜き差ししない独自の折りたたみ構造とするとともに、防滴基準を満たすことで携帯可能なコンパクト化を実現した。折りたたんだ状態の本体サイズは68×118×22mm。シャツのポケットに入る大きさとなっている。

 これまでの据え置き型で4時間程度必要だった初回設定の時間も大幅に短縮したという。乾燥状態で出荷していたセンサーを、保存液につけたまま出荷できるよう改良。センサー取り付け後5分程度で測定を始められるようにしている。

 測定はセンサーに直接尿をかけるだけでよく、尿糖を検出後わずか6秒で測定値を表示する。測定範囲は1dL(デシリットル)当たり0~2000mgまで。尿糖値を最小10mg/dL単位(高濃度領域では100mg/dL単位)で表示する。センサーは60日以内に200回使えるとのこと。携帯タイプとすることで、これまで困難だった仕事場や外出先でも、毎食後の尿糖測定が行えるようになり、変化の早い食後の血糖値の状態を常にトレースすることも可能になる。

 タニタではメタボリックシンドロームの予防や糖尿病の早期発見、早期コントロールのためにSMUG(尿糖自己測定)サイクルを提唱している。生活習慣の中で食事、運動後に尿糖の測定を行って結果を振り返り、次の行動(食事・運動)に反映させることを繰り返すことで、糖尿病の症状改善や生活習慣病予防のための健康管理を行うもの。「UG-201」はこのSMUGサイクルを一般に定着させていくための有力なチェックツールと位置づけており、簡便・無痛・高速測定といった特徴を生かし広く普及を図っていく考え。さらに通信機能を備えたモデルの開発も進めており、会員制の双方向ウェブアプリケーションサービス「からだカルテ」への導入も予定している。

[小売価格]オープン価格
[発売日]6月20日(金)

新製品の仕様[PDF]
血糖と尿糖値の関係[PDF]

タニタ=http://www.tanita.co.jp/

goods.gif

【生活・健康グッズ関連ニュースの最新記事】

タニタ、高血糖チェックの自己管理ツールである携帯型デジタル尿糖計「UG-201」を発売
タウンズ、アデノウイルス感染症の迅速診断キット「イムノエースアデノ」を発売
アークレイ、デザインをカスタマイズできる血糖自己測定器「グルコカード マイダイア」を発売
三和化学研究所、安全・安心で簡単・便利な小型血糖測定器「グルテスト エブリ」を発売
日立アプライアンス、高い環境性能を実現した洗濯乾燥機「ビートウォッシュ 湯効利用」を発売
ファイン、生分解性樹脂と竹繊維を融合させた「竹の歯ブラシ」2種類を発売
森実商事、韓国ドラマ「太王四神記」公式ティッシュケースセットをネット限定で発売
弓箭書院、手で触れながら栄養バランスを改善する書籍を発売
花王、色柄ものにも安心な酸素系漂白剤「ワイドハイターEXパワー」を発売
アメアスポーツ、心拍を計測して消費カロリーやトレーニング効果を計測・表示する「tシリーズ」を発売
[ PR ]

食事・食材関連ニュース菓子・飲料関連ニュース健康食品・医薬品関連ニュース睡眠関連ニュース美容・化粧品関連ニュース余暇・サービス関連ニュース運動関連ニュースマイライフ手帳データニュース(HDL調べ)ライフ関連ニュース生活・健康グッズ関連ニュースその他ニュース