data.gif mylife_j.gif
「マイライフ手帳」で新規入会キャンペーンを実施中!無料登録すると毎月100名に図書カード(500円分)が当たる!!

HOME >> その他ニュース >> フジスタッフ、結婚・出産前のキャリア・スキルを生かせる仕事を希望など「仕事と子育てを両立させたい女性アンケート」結果を発表

2007年06月12日

フジスタッフ、結婚・出産前のキャリア・スキルを生かせる仕事を希望など「仕事と子育てを両立させたい女性アンケート」結果を発表

 総合人材サービス会社のフジスタッフは、2004年10月から育児中女性の社会復帰支援事業「ff-woman プロジェクト」を推進してきたが、今回、「女性が育児と仕事を両立するうえで困難に思うことは何か」など育児中女性の就業についての意識や現状を把握するために、同社の託児サービス付親子登録会に登録したスタッフにアンケート(2006年10月1日~12月31日)を実施した。その結果、出産前のキャリアを生かせるパートタイム的な仕事の創出が必要などの点が明らかになった。

 同アンケートは、フジスタッフが「ff-woman プロジェクト」の一環として全国の支店で開催している業界初のサービス「託児サービス付親子登録会」で、登録した278人の育児中の女性に回答してもらったもの。アンケートからは、育児中女性が子育てと仕事を両立するうえで、一番の障害は、「子どもの急な病気や迎えで残業ができないなど仕事ができる時間の制限」であることがわかった。

 アンケート結果の詳細をみてみると、「育児と仕事を両立するうえで困難に思うことは何ですか」との問いに、50%の人が「子どもの急な病気やお迎えなどで仕事ができる時間に制約がある」をあげ、次に24%の人が「子どもの預け先など、社会的なインフラが未整備」をあげている。このことから、育児中女性の就業を促進するためには、都市部を中心とした待機児童の解消や延長保育、病児保育などの社会的インフラの整備が必要であることがわかった。その他の上位項目としては「育児中の女性に対する企業の理解が不十分」があげられ、在宅ワークやワークシェアリングなど就業スタイルの多様化や企業内託児所を求める声もみられた。

 「仕事を探す際に重視する項目」として上位にあがったのは「就業時間」(1141p)、勤務地(958p)、仕事内容(719p)、収入額(538p)、残業の有無(471p)だった。託児サービス付親子登録会の登録者のうち、フジスタッフに紹介を希望する仕事として約6割の人が「短時間(週5日・4~6時間)や短時間で週3~4日、残業なし」を希望していることからも、育児中女性の就業を促進するためには、子どもの送り迎えが可能になる短時間もしくは短時間で週3~4日のパートタイム的な仕事を創出する必要性があることがわかる結果となった。

 「今就業している仕事は結婚・出産前にやっていた仕事のキャリア・スキルを生かせるものですか」との問いに、55%の人が「多少は生かせる」、20%の人が「大いに生かせる」、13%の人が「ほとんど生かせない」、12%の人が「まったく生かせない」と回答した。現在就業している7割の人が「生かせる」と答える一方で、「生かせない」という人も全体の25%を占め、再就職のためには、以前のキャリア・スキルを生かせない仕事に就かざるをえないケースがあることがうかがえる。

 「仕事を探す際に重視する項目」としては「就業時間」とともに「仕事内容」も重要視されていることから、多くの女性が自分のキャリア・スキルを生かせる仕事を希望していることが推測される。出産明けに就労意欲のある女性はしっかりとキャリアを積んだ高スキルの人が多いということも特徴。現在、フジスタッフで紹介できるオフィスワークの仕事の多くはフルタイム勤務で、パートタイム的な仕事はごくわずかとのこと。育児中女性の就業を促進するためには、多くの女性たちがこれまでキャリアを積み、復帰後も希望する事務系のオフィスワーク、しかもパートタイム的な仕事を開拓する必要があることがわかった。

 同アンケート結果をふまえ、フジスタッフでは「ff-woman プロジェクト」の一環として育児中女性の短時間勤務の仕事を紹介する「キャリアパート派遣」事業を6月から本格稼動する。「キャリアパート」とはキャリア(carrier)をもったエキスパート(expert)とキャリア(carrier)をもったパートタイマー(part-timer)を合わせた造語。「キャリアパート」では、多くの女性が希望するオフィスワークのフルタイム業務を複数のスタッフをペアにして分担したり、特定の時間や曜日など繁忙期のみスタッフを派遣することで、育児中の女性スタッフの時間的な負担を減らし、なおかつ企業の業務効率化や人員配置の最適化に貢献することを目指す考え。

 人口減にともなう労働力減に対応するために、政府の経済財政諮問会議の労働市場専門調査会は、10年後の既婚女性(25~44歳)の就業率を現在の57%から71%に引き上げるという目標値を掲げているが、フジスタッフでは雇用を生み出す役割を担う人材サービス会社として同目標値を達成するために「キャリアパート派遣」事業を積極的に推進していていくという。

 なお、ff-womanは、育児中女性の悩みや不安を解消し、社会復帰の支援をしていくプロジェクトとしてスタート。業界初の「託児サービス付き派遣登録会」開催のほか、認可外保育料補助金制度、提携託児サービス、ベビーシッター割引制度などさまざまなサポートを行っており、同社の育児中派遣スタッフ数は、2007年3月末時点で3000人となっている。

フジスタッフ=http://www.fujistaff.co.jp/

goods.gif
[ PR ]

【その他ニュースの最新記事】

ライオン、発毛促進と脱毛抑制の両面からアプローチする育毛・発毛促進剤「薬用 毛髪力 ZZ(ダブルジー)」を発売
コンビ、鍵盤が光るキーボード遊び「光るファーストピアノ」を発売
日立アプライアンス、節水性能が向上した洗濯乾燥機「ビートウォッシュ 湯効利用」を発売
カネボウ・トリニティHDグループ、7月から商号・商標を「Kanebo」から「Kracie(クラシエ)」に変更
コンビ、赤ちゃんの知覚や感性の発達をうながす「知育探検シリーズ」から「ぐるぐるないないくん」を発売
P&G、台所用洗剤ブランド「ジョイ」から泡で出てくるタイプ「スーパー泡ジョイ」を発売
ライオン、すっきりとした白さが続く高洗浄力タイプの衣料用液体洗剤「リキッドトップ」を発売
王子ネピア、「nepia GENKI!さらさらおしりふき」を発売、さらさらおしり新処方で防腐剤不使用
マンダム、製品使用時の「清涼感」について適切に評価する技術を独自に確立
ブライトホーム、「子どもの成長には“親子のコミュニケーション”が大切」など「親子のコミュニケーションと住まい」の調査結果を発表
東洋新薬、「GABAオカラファイバー」の経口摂取によるリラクゼーション効果を確認
フジスタッフ、結婚・出産前のキャリア・スキルを生かせる仕事を希望など「仕事と子育てを両立させたい女性アンケート」結果を発表
サークルKサンクス、「生活必需品(調味料・生活雑貨)」23品目の価格値下げを実施
ファミリーマート、「三越のお中元」と「酒ギフト」の取り扱いを開始
東急ハンズ、「柏高島屋ステーションモール」に出店する「東急ハンズ 柏店」の開業日が8月3日に決定
GE Money、サラリーマンの平均小遣いは4万8800円など「2007年サラリーマンの小遣い調査」結果を発表
アシックス、小売店や飲食店、運輸業などサービス業などの従業員向けワーキングウエアを展開
コンビ、新ブランド「MILLIYOCCA」からファッション性を取り入れた子守帯「choinori」を発売
P&G、洗濯槽に繁殖するカビの成長を抑える液体洗濯洗剤「アリエールイオンパワージェル」を改良発売
TOTO、車輪を6輪にして小回りと段差越えを容易にした住宅向け「水まわり用車いす 6輪タイプ」を発売

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mylifenote.net/mt/mt-tb.cgi/3173

この一覧は、次のエントリーを参照しています: フジスタッフ、結婚・出産前のキャリア・スキルを生かせる仕事を希望など「仕事と子育てを両立させたい女性アンケート」結果を発表:

» 【6/18 b-info】6月特集 フルタイム+セレクトショップOPEN!
送信元 ビー・スタイル日和
皆様こんにちは いよいよ先週末に梅雨入りを迎えましたね。 季節の変わり目だけに風邪も流行っているようですが、 皆様は体調を崩されてはいません... [詳しくはこちら]

トラックバック時刻: 2007年06月18日 18:27

食事・食材関連ニュース菓子・飲料関連ニュース健康食品・医薬品関連ニュース睡眠関連ニュース美容・化粧品関連ニュース余暇・サービス関連ニュース運動関連ニュースマイライフ手帳データニュース(HDL調べ)その他ニュース