mylife_j.gif
「マイライフ手帳~for healthy my life~」がリニューアルオープンしました! 健康グラフのブログパーツを提供

HOME >> 健康食品・医薬品関連ニュース >> 長瀬産業、海藻ポリフェノールエキスが糖尿病合併症の進行を抑制する可能性を確認

2007年11月21日

長瀬産業、海藻ポリフェノールエキスが糖尿病合併症の進行を抑制する可能性を確認

 長瀬産業は、クロメ由来の海藻ポリフェノールエキスが食後高血糖の是正および糖尿病合併症の進行を抑制することを、明治薬科大学 奥山徹教授、京都大学 藤多哲朗名誉教授との共同研究で見出し、その研究成果を第3回国際ポリフェノール学会(11月25日~28日、京都:国立京都国際会館)で発表する。

 2007年の厚生労働白書によると、疾病全体に占める生活習慣病の割合は、死亡原因で6割、医療費で3割を占めており、国民の健康への大きな脅威となっている。なかでも2型糖尿病は、重篤な合併症(網膜症、腎症、神経障害)を引き起こして生活の質を著しく低下させることから、予防および発症後の食後高血糖の是正が重要だといわれている。是正方法の一つに、消化管から分泌される糖質分解酵素の阻害があり、この阻害活性をもつ物質は、糖尿病治療薬や特定保健用食品の有効成分として使用されているという。

 褐藻類コンブ目コンブ科クロメ(Ecklonia kurome)は、本州太平洋岸の中部・南部、四国、九州および本州日本海岸に広く分布し、漁村などでは長年の食経験がある海藻。含有するポリフェノール成分としてトリフロロエトール、エコール、ジエコールなどのフロロタンニン類が知られており、静菌・抗菌活性や糖質分解酵素α-アミラーゼに対する阻害活性が報告されている。

 そこで同社はクロメから、ポリフェノール含量90%以上の海藻ポリフェノールエキスを作製し、その抗糖尿病効果について検討を行った。

 まず、糖質分解酵素の阻害活性として、海藻ポリフェノールエキスは、デンプンを分解するα-アミラーゼに対して強い阻害効果を示し、その50%阻害濃度は16μg/mlだった。また正常マウスを用いた動物試験で、海藻ポリフェノールに血糖値上昇抑制効果があることが確認された。

 次に、2型糖尿病モデルマウス(KK-Ay)の海藻ポリフェノール投与として、KK-Ayマウスは自然発症型の2型糖尿病モデルマウスで、過食、肥満、高血糖、高インスリン血症などの症状を示す。血糖値が400mg/dl以上となった糖尿病発症マウス(1群7匹)に、0.1%海藻ポリフェノールエキス溶液を飲水で5週間投与した。対照群には水道水を摂取させた。

 その結果、血糖値上昇抑制として、海藻ポリフェノールエキス投与群は、対照群と比較して、血糖値の上昇が有意に抑えられていた。高インスリン血症の進行抑制として、海藻ポリフェノールエキス投与群は、対照群と比較して、投与5週目の耐糖能(耐糖能とは上昇した血糖値を正常値に戻す能力のことであり、インスリンの分泌反応、分泌量、効きによって決定される)が良好だった。また、血中インスリン量が対照群の65%と有意に低く、海藻ポリフェノールエキスが2型糖尿病モデルマウスのインスリン抵抗性(インスリン抵抗性とは、血中から糖を取り込む細胞において、インスリンの効きが鈍くなっている状態のこと)の悪化を抑え、高インスリン血症の進行を抑制していると推測される。

 糖尿病性腎症の悪化抑制として、海藻ポリフェノールエキス投与群の腎臓を観察した所、対照群と比較して、腎臓メサンギウム基質増加(糖尿病三大合併症の一つである糖尿病性腎症は、腎臓で血液をろ過している糸球体の異常によって起こる)が見られる糸球体の個数が有意に少ないという結果が得られた。この結果から、糖尿病による腎臓障害の悪化が、海藻ポリフェノールエキス投与によって抑制されている可能性が示唆された。

 以上の結果から、海藻ポリフェノールエキス摂取によって、糖尿病および合併症の進行が抑制される可能性があることが認められた。今後は特定保健用食品の開発を目指し、ヒト試験などを行っていく予定。

長瀬産業=http://www.nagase.co.jp/
ナガセビューティケァ=http://nbc.jp/

goods.gif
[ PR ]

【健康食品・医薬品関連ニュースの最新記事】

長瀬産業、海藻ポリフェノールエキスが糖尿病合併症の進行を抑制する可能性を確認
大正製薬、薬用ハミガキ剤「デントウェル[薬用]CR」を発売、5つの薬用成分の作用で口中浄化
フジッコ、黒大豆アントシアニンの抗内蔵肥満作用から脂質代謝に関わる遺伝子の発現誘導を動物試験で確認
第一三共ヘルスケア、消炎鎮痛テープ「パテックス フェルビナク35」の21枚入を発売
フジッコ、メタボリックシンドローム対策食品素材「黒大豆種皮抽出物クロノケア」を発売
ファイザー、リピトール錠はシンバスタチンに比べて一度心臓発作を発症した患者の心血管疾患の再発を抑制
富士経済、生活習慣病予防など効能・効果18分野の健康志向食品市場調査、07年の売上は1兆2668億円に
タカナシ乳業、北海道産の乳製品を使用した「タカナシ 北海道無脂肪ヨーグルトプレーン500g」を発売
小林製薬、「ラブレ菌」を配合したサプリメント「植物性乳酸菌」を通販限定発売
カルピス、食品由来のペプチドである「ラクトトリペプチド」の血管年齢の改善を確認
キユーピー、食生活総合調査、50歳代以上の女性が健康のために意識的にとる食品は「豚肉」と「卵」が増加
カゴメ、トマトジュースとリコピン含有カプセルの継続摂取が花粉症の自覚症状を改善させることを確認
佐藤製薬、注入軟膏「ジーフォーL 注入軟膏」を発売、痔の痛み・出血・はれ・かゆみに
大正製薬、せき止め薬「新パブロンせき止め液」を発売、苦しいせき・たんの症状に
コネクト、ホスピタルズハーブティーに「冷え」と「便秘」の改善効果があることを確認
ライオン、苦味をなくして飲みやすくした解熱鎮痛薬「バファリン顆粒」を発売
サッポロビール、限定醸造「琥珀ヱビス」をアンコール発売、既存のヱビスビールに比べ麦芽使用量を増量
ファンケル、メタボリックシンドロームに着目したサプリメント「ミドルナビ」を発売
カゴメ、野菜果実ミックス飲料「野菜生活100 黄の野菜」1000mlホームパックを発売
ファンケル、ホットドリンクタイプのサプリメント「溶かして飲むサプリ 生姜&エキナセア」を発売

食事・食材関連ニュース菓子・飲料関連ニュース健康食品・医薬品関連ニュース睡眠関連ニュース美容・化粧品関連ニュース余暇・サービス関連ニュース運動関連ニュースマイライフ手帳データニュース(HDL調べ)ライフ関連ニュース生活・健康グッズ関連ニュースその他ニュース