[お知らせ]スマートフォン向けサイト、近日オープン!

HOME >> 食事・食材関連ニュース >> ニチレイフーズ、今年春季新商品を発表、一汁三菜を目指す新プロジェクトの名誉隊員に安めぐみさんが就任


2013年1月30日

ニチレイフーズ、今年春季新商品を発表、一汁三菜を目指す新プロジェクトの名誉隊員に安めぐみさんが就任

 ニチレイフーズは1月29日、最新の市場ニーズを反映した、2013年春季新商品の発表を行った。また、栄養バランスのとれた健全な食事の目安とされている「一汁三菜」の実現を、日々の食卓においてサポートする「ニチレイ三菜プロジェクト」を同日から始動することも発表した。このプロジェクトの第一弾として、同社と生活者による「おちゃのこ三菜隊」を組織し、ニチレイフーズの池田泰弘社長が隊長を務める他、名誉隊員にはタレントの安めぐみさんが選ばれた。

 「家庭用冷凍食品の100人あたりの購入金額の前年比を年代別に見ると、20代、50代および60代がけん引していることがわかった。また、用途別では、構成の高い『惣菜・おかず』、『スナック・軽食』が市場を引っ張っている。この現在の市場動向を見極めながら、消費者のニーズを的確に捉え、さらなるニーズの掘り起こしを行うべく、今年の春季新商品では、“家族みんなのランチをサポート”をテーマに幅広い商品をラインアップした」と、ニチレイフーズの池田泰弘社長が挨拶。

 

 「米飯カテゴリーからは、もち麦入りの『7種の野菜入りトマトリゾット』と『3種のチーズリゾット』を発売する。もち麦が食感にアクセントを施してい る。この他、『ベーコンペッパーピラフ』『カリカリ梅とじゃこのピラフ』も発売する。さらに『どんぶりの具』シリーズから『炭火が薫る焼鳥丼の具』『ふ わっととろっと親子丼の具』を発売する」と新商品を紹介してくれた。

> 

 「『お弁当にGood!』シリーズは、発売から10周年を迎える。 今回、さらなる家族とのコミュニケーションツールを実現するべく、『からあげチキン瀬戸内レモン』と『焼肉旨ダレのソースメンチカツ』を発売する。既存品 も自然解凍で食べられるようにリニューアルした」という。「『ほっとするおかず』からは、『しいたけ海老れんじょ』を発売する。そして、素材でサプリをコ ンセプトとしたスマートデリ『もち麦』から、新たに『炊き込みごはん』『韓国風クッパ』を発売する。βグルカンを多く含んだ『もち麦』で消費者の健康をサ ポートしていきたい」と、機能性の高い食品も発売することで、これまでにないユーザー層の獲得を目指す考えだ。「今後も消費者の声に耳を傾けながら、暮ら しを笑顔にする商品を届けていきたい」と、池田社長は語気を高めた。

 次に、冷凍食品の特性である簡便さ、手軽さを活かし、時間や手間を 減らしながら毎日の食卓で「一汁三菜」の実現をサポートする「ニチレイ三菜プロジェクト」を発足することを発表した。池田社長は、「一汁三菜の実現を望む 人は9割に達しながら、6割の人が実現できてないという現状がある。若い人は時間がない、調理スキルがないということを理由に、メニューが偏ったり、品数 が少なかったりしがちだ」と、「ニチレイ三菜プロジェクト」発足の意義を説明。「同プロジェクトでは、複数のおかずを摂ることで、バランスのよい食事を提 案するだけでなく、当社の商品を上手く活用することによって、一汁三菜を実現してもらおうと考えている」とのこと。「同プロジェクトの第一弾として、当社 と生活者による『おちゃのこ三菜隊』を組織し、アドバイザーに料理研究家のきじまりゅうた先生を迎え、冷凍食品に関するいろいろな体験や取り組みなどを行 い、発表していく」と、プロジェクト活動について発表した。

 

 アドバイザーに就任したきじま氏は、「あくまでサポート役に徹し、主婦の意 見をメインにメニュー作りを支援していきたい。メニュー作りには、ニチレイの冷凍食品を素材の一つとして活用する」と、「おちゃのこ三菜隊」で行う具体的 な活動内容について説明してくれた。「今回第一弾として、30分で作れてしまう簡単な調理法を目指したメニューを和食・洋食の2パターン考案した」と、忙 しい主婦を支援するメニューであると解説していた。

 

 そして、この「おちゃのこ三菜隊」の名誉隊員に就任したのが、タレントの安めぐみさ ん。池田社長は、「毎日ご主人のために、食事を作る安さんの発想に期待したい」と、安さんを隊員に選んだ理由を紹介。安さんは、「結婚してまだ1年足らず の新米主婦だが、これを機に主人のために、頑張って食事を作っていきたい」と、池田社長から手渡されたエプロンを身にまとい、名誉隊員としての意気込みを 語った。

 現在、主婦業に奔走している安さんは、「なるべくおかずを多くするように心がけているが、一汁三菜が毎日実現できていない。時 間があるときはしっかり作れるが、そうでないときは、一汁三菜が難しいときがある」と、忙しさを理由におかずをしっかり作れていない日もあるようだ。そん な時、活用できるのが冷凍食品。安さんは「ニチレイフーズの『和風野菜』が大好き。下ごしらえの時間がかかるメニューも、しっかり味がついているので、本 当に重宝している」と、冷凍食品をうまく活用しながら、献立を工夫していると話していた。

 「また、主人が何か食べたいという時に、さっと出せる点も冷凍食 品のよいところ。冷凍庫には、常にストックを用意している」と、冷凍食品を切らさないようにして、ご主人の要望に応えているとのことだった。最後に安さん は、「忙しいとしっかり食事を作るのは難しい。だからといっておかずを作らないのではなく、ニチレイフーズの冷凍食品をうまく活用して、一汁三菜を目指し て欲しい」と、冷凍食品を活用したメニュー作りに、みんなと一緒に励んでいきたいと語っていた。

[小売価格]オープン価格
[発売日]3月1日(金)

ニチレイフーズ=http://www.nichirei.co.jp/



★週間アクセスランキングTOP5[2013.1/28~2/3]
1.流行のピーク時を迎えるインフルエンザ、第一三共が今冬の傾向と治療の最前線について発表
.グラクソ・スミスクライン、悪性軟部腫瘍の新治療薬「ヴォトリエント」の発売を受け「肉腫(サルコーマ)」の治療最前線についてセミナーを開催
.[ドクター連載 第11回]年々増加し続ける認知症高齢者、"物忘れ"が気になったら専門医に相談を--認知症編(その1)
.日清食品、激辛チゲ風スープのカップめん「カップヌードル レッドショック」を発売
.ポーラ、ダイエット健康食品「ビューティスタイルメガカット」を発売
  最新ランキングはトップページをチェック!

【食事・食材関連ニュースの最新記事】

これからの高齢化社会医療 創業100周年アニバーサリー特集食事・食材関連ニュース菓子・飲料関連ニュース健康食品・医薬品関連ニュース睡眠関連ニュース美容・化粧品関連ニュース余暇・サービス関連ニュース運動関連ニュースデータリポートライフ関連ニュース生活・健康グッズ関連ニュース医療最前線ニュースその他ニュース今日のコラム東北地方太平洋沖地震関連ニュース

オススメ情報